配偶者名義でお金を借りる

ウーマン

借入れの時の注意点とは

倹約しているつもりでも、なかなかお金が足りないとか、急に値段の張る買い物をすることになったなどで、主婦がカードローンを利用することも結構あるものです。そのような時には、二通りの方法があります。まず仕事をしているとか、不動産収入などで自分名義の収入がある人の場合は、本人名義での申込みができます。もちろんこの場合は、本人確認や収入証明などは、主婦本人の物を用意します。また借入れ可能な金額も、本人の収入額によって決められます。審査も本人の信用情報が照会されることになります。この時ブラックがあると、審査に通りにくくなりますので気をつけましょう。一方、専業主婦でまったく自分の収入がない場合は、収入のある配偶者の名義で、カードローンの申込みをすることになります。この場合、必要書類は配偶者の物を揃えるようにします。また審査も、配偶者の収入や信用情報によって結果が決まります。配偶者の信用情報に、滞納などでブラックがあると、審査に通る確率はやはり低くなります。それから専業主婦が、配偶者名で消費者金融のカードローンに申込む時は、配偶者の同意が必要です。従って、消費者金融を利用して内緒で借金をすることは、ほぼ不可能です。しかしやはり内緒で借りたい時は、銀行を利用するのがお勧めです。銀行も消費者金融同様、上限50万円ほどのカードローンが多く、また消費者金融と違って総量規制がないので、限度額を気にせずに利用できるのもメリットです。